2006年02月01日

速報☆あゆ受賞!

カナロコ・あゆさんW受賞/緊張のひとときも笑顔でスピーチ

 この1年、多くの人に「神奈川新聞」の名前を広めた功績を称え、神奈川新聞社デジタルメディア局カナロコ編集部ミッション・スペシャリストすがやあゆみさん=横浜市在住=が1日、神奈川新聞社社長努力賞を受賞。創立116周年記念式典の中で表彰された。

 05年夏、ドキュメンタリーテレビに出演し、その後も手記の出版をはじめ、講演会やフォトモデルなど多くのメディアに露出しながら、『新聞は暗いイメージ』などを払拭し、多くの人に感動と『バリアフリーな考えを持った社である』と、評価を得た。これを受け、今回の受賞となった。稲村社長は「テレビをみて、あゆさんのひたむきさに感動した。これからもがんばってほしい。」と祝辞の中で述べた。

 前日、直属の上司である松澤局長から『翌日はスーツで来るように。』と釘を差されて出社。部長をはじめとする上司から「メイド服じゃないの!?」と、ツッコミの嵐だった。一方、あゆさんは突然のことに混乱の様子。受賞理由を理解をしきれないまま、「ほえ〜」といいながら授賞式に出席した。第2部として設けられたパーティーでは、上司や仲間の見守る中、社長の真正面に設営された壇上に立ちスピーチ。直前まで単独スピーチだとは知らず、「わたしのようなものが受賞していいのか分かりませんが…」とはじめながら、持ち前の度胸と講演会での場慣れした雰囲気で、緊張を感じさせなかった。しかし、ある意味、身内の中で話すということは、過去に経験が少なく、とても緊張したそうだ。スピーチを終えたあゆさんは「今まで伝える機会のなかった、自分の上司達への想いや感謝などを伝えるチャンスだと思い、とっさにスピーチの重点におきました。」と、笑って答えた。06年は5月まで講演会の予定が決まっているという。これからの“あゆ”にも注目だ。

 あわせて、カナロコ編集部は記念すべき1周年を迎える今日、カナロコオープン時のメンバー全員を対象に社長賞を受賞した。(DM局すがやあゆみ)

【写真説明=お祝いを手に緊張がまだ解けないあゆさん(神奈川新聞社デジタルメディア局)】

上記はあゆのなんちゃって記事のため、
赤字直しは受け付けません。(笑)
また、新聞紙面・カナロコにも未掲載です。




【追記】

ってわけで、ななな、なんと!
社長努力賞を受賞してしまいました…!( ̄□ ̄;
350人+バイトさんなどもたくさんいる会社の中で、
年に1回、1〜2組受賞するというもので。

えと。
社賞、社長賞、社長努力賞、局長賞…とあるらしいのですが、
入社した年に局長賞をもらったことがあります。
これは、ゆにねっと(当時ゆにNET)をはじめたということで、
ほかの新聞社WEBにはないコンテンツということで。
んで、なんと今度は式典に呼ばれるわ、スピーチするわ、
大変緊張した一日でした。
しかも出社時にタクシーに乗ったら、運転手さんが「あゆ恋」みてたし!
早速スピーチのネタにさせていただきました。

式典もスピーチも社長の真正面にいて、
そりゃ、とって食われたりしないけど、さすがのあゆも緊張するよ。
面接の時以上かも!?
だって面接は落ちるだろうと思ってましたもん…。

今回は社長努力賞って2組だったんだけど、
“お祝い”もらったときに、ほかの人には「おめでとう」とか「がんばれ」的な
そんなコトバだったのね。
でもあゆがむちゃ緊張して受け取りに行ったら、
「テレビみたよ、良かったね。感動しました。」と言われて、
動揺のあまり、マジメな顔をしてたつもりが、ふにゃ〜と笑ってしまいました。
緊張がピーク越えると、笑っちゃうんですよ。
「ありがとう」を言うときは、
必ず笑顔になっちゃうんですよ、あゆ。
祝辞の時もすっごいあゆのこと話してくれてて、ドキドキですわ。
ほんと、もう、身を削り、恋を失った分の価値がありますよ。(苦笑)
それを見守り、協力してくれた上司達には、ほんと感謝だし♪

役員の人とか、永年勤続表彰とかもあって、
会場は知らない人もいっぱいいたんだけど、
ちょうど同じタイミングで我が部署も受賞だったから、
知ってる人がいてくれてちょっと安心。
あゆが歩いてるときは、視界の端に見えた局長がヒヤヒヤしてたっぽい。
パンプスはいてるかららしいけど、平気なヤツはいてたのに〜。

16時から1時間式典、18時からパーティーだったんだけど、
パーティーはあゆの苦手な立食!
でも、総務に移動したモト上司やみなさんのチカラで、
テーブル出してもらっちゃうし、みんな食べるもの持ってきてくれるし、
それでも口に入れてくれるし、
スピーチしなきゃなんてことも吹っ飛んでたわけで。

ってゆーかね、我が部署で受賞したから、
その時なんか言われるんだと思ってたんだよ〜。
そうしたら、うちの部署は当時の部長がスピーチして、
あゆは一人で話すってことを知って!
しかもみなさん、原稿とか書いてたっぽくて、ちょ〜オトナスピーチ!!
ソデに一緒にいてくれた局長に「なに話せばいいんですか!?」と言えば
みんなたいして聞いてないから、短く挨拶しろって言うし。
部長と「30分、1時間、1時間半コースがありますが〜♪」なんて言ってたけど、

スピーチって…したことない…煤i ̄▽ ̄|||

講演と空気違い過ぎだって!(>_<)
そもそも、あゆは知らなくてもみんなはあゆのこと知ってるし、
ずっと同じ会社なわけだし。
壇上に立ったら真正面に社長がいるわけだし。
首から下は汗だくでしたよ。
しかも。
みんな聞いてないとかいいながら、マイクの前に立ったら、
多くの人がケータイ構えてるし!(笑)
社内だから気楽ではある雰囲気な分、吹き出してしまった…。
受賞者に女の人もいなかったし、相変わらずヤワヤワなお話なので、
直前までのオトナスピーチの中で浮く…ぃぁっ、
目立ちまくってしまってました。
さらに、多くの人が最後までじっくり聞いてましたよ…(^^;

で、ほんと。
なにはなしたらいいか分からないけど、
「あゆです、ありがとう」じゃすまないわけで。
話せば長いし。(−−;
まあ、どう転んでもこれってあゆ一人でもらえるものではなく、
辞めずにいられた環境と、
こんな下っ端でも話を聞いてくれる上司と、
新しいことを巻き込んでいくときにも、
普段のランチや飲み会でも、
みんなと一緒にあゆも入れてもらえてたっていうのは、
大きいわけですよ。
上司や先輩がいて、あゆももうすぐ4年目です。

改めて言えるときって辞めるときくらいだと思ってたし、
いいチャンスだと、好き勝手に言ってしまいました。
社長も含めて、よく、あゆみたいなのを置いてくれてるよなぁと、
感謝の気持ちのお話と、
うちの部署はやっぱりイイぜ!って言ってみました。
(こんな言い方じゃないよ。)
まあ…壇上降りたら「ココロにもないことを」とか、
「よく、スラスラ出てきたね〜」なんて言われてたけど、
ほんとに思ったことしかいえませんから。
あゆ、素直ですからね♪

入社したときの社長とも話す機会があって。
やっぱね。
あゆくらい手のかかる障害者雇用って大変だと思うんです。
でも、あゆ恋ご覧のみなさんもご存知のように、
みんなそう思わずに、仕事して助けてくれて、だからあゆも入って行けて。
それこそこういう場で、こういう受賞とか、
中に入ってイカナイ・イケナイ障害者もわんさかいて、
人間関係つくれなくて辞めちゃう人も多いんです。
「あゆちゃんの人柄だからだよ」と前の社長(いまは相談役)は言ってくれたけど、
やっぱり周りの人に恵まれてると思う。
テレビやメディアで、うちの社名があゆにはくっついてきて、
それで恩返しができてるなら、なによりだと思います。
あとは遅い仕事のこなし方だけど、それでガッツリやっていけるといいな。
posted by あゆ姫 at 15:38| Comment(4) | TrackBack(0) | あゆちっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとう〜!!
Posted by SUZY at 2006年02月01日 23:01
☆゚+.オメデトウ(○ゝω・○)ノ゚+.☆
マルチな活躍ぶりに脱帽でつ!
これからもがんばってね★

Posted by Choco at 2006年02月02日 01:10
オメデトゥ!
てか受賞シーン見てなくてすまん

_| ̄|○.o0(マジですまん
Posted by 放浪癖 at 2006年02月02日 06:21
おめでとう(^−^)
Posted by ミラ at 2006年02月03日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。