2006年02月17日

ねーちゃんから天使たちへ

 障害は、不幸でもなければ、
 不便さえも楽しめばいい。
 オシャレを楽しむように。

これって、あゆ本の中で書いたフレーズ。
実はすごく気に入ってる。
だけど、このコトバは受け入れてもらえないと、
同時に思っていた。

自信がないわけじゃない。
ただ当事者が見えてしまうほどにそう思った。
だからこそ
あゆは書きたいと思って、本の中に残した。

これって、感動されたいために書いたんじゃなくて、
あゆ自身のひとつの答えだった。

つねづね障害者には「与えないでください」という
主張をしてきてた。
与えられるというのではなく、「与え合って人間社会」だと、
あゆは思うから。

障害児の中で生きてきて、
多くのことを深刻すぎるくらい深刻になり、
我慢すること…なんて、普通にコドモには当たり前のことさえも、
障害があるからと免除されてるコドモの多い世界だった。
確かに思うようにカラダは動かない。
だけど、コドモなりになにかを見つけ、その子なりのなにかをつかむ。
それでいいじゃないかと、コドモながらに思ってた。

切り拓き、独創的に生き、クリエイティブに生き、
簡単に経験できないことをしてるんだ。
だから、障害をもって生まれてこれたことというのは、
簡単に見れない世界を見て、体験して、

「いいでしょ?」

って言えるように、神様がくれたイレモノだったり、
オプションだったりするんじゃないだろうか。

最近思っていたのは、
あゆは今、オトナという立場に立ち、
未来を預ける子供になにが残せるだろうか、ということ。

コドモのために与えるのではなくて、
なにかを残せないだろうか。
たとえ、人より命が短くても、
長くつまらない生活をして、後悔して終えるより、
笑っていて欲しい。

そのために。



難病と闘う子供たち」という番組を、
偶然に見たの。

感動

そんなことしない。

ただただ、
残ったのは、ぽかーんとした気分
だった。

あゆは「あゆ恋」という番組を1時間で放映されて、
いろんな人と出会い、反響をもらったけれど、
今日の番組を見て、あゆは少しうらやましく感じ、
同時にまっさらにリセットをかけられた気分。

うらやましいというのは、
これから見たこともない未来が待っていること。
自由に遊べない。
コトバという言語で伝えられない。
イタイことも感じすぎたり、感じられなかったり。
どんどん動けなくなったり。
そんな子供達の特集なのに、うらやましかった。
この先のリミットが分からないけれど、
その分の、希望をもっているコドモという時間が、
うらやましいと思った。

そして今、
あゆはなにをすべきだろうかと、
リセットがかかったようだ。

コドモはコドモなりに、自分の世界を切り拓き、
生きているんだ。
あゆはあゆなりに、自分の世界を切り拓き、
生きていくんだ。

会うことはないかもしれない。
だけど。
こんなねーちゃんも楽しんでるから、
楽しくやっていこうね♪と、
そんな想いをネットの世界を通じて発信したい。

楽しくなきゃ、ツマンナイじゃん?


 ★紹介されていた家族のサイト
  ふゆぼうのへや
  http://www.mni.ne.jp/~fuyubou/

posted by あゆ姫 at 21:40| Comment(2) | TrackBack(1) | あゆちっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私たちがコドモたちに伝えるべきことは何ですか?なんだかあゆさんをとても羨ましく思います。
あゆさんに出会ってからあゆさんの笑顔やあゆさんがくれた言葉が忘れられません。
それだけ影響力があります。
あゆさんを応援します!
Posted by 松尾 尚美 at 2006年02月17日 22:18
あゆさん、初めまして。
先日、本屋で「ナチュラル」を見つけ購入し、このサイトを知りました。
本は、まだ読んでる途中なのですが、すでに共感する部分がたくさんありパワーをもらってます。
ありがとう。
実は私も障害者(脳性麻痺)です。
今日、この記事を読んで、更に共感し、思わずコメントを残してしまいました。

私は、「人はみな、自分の思うとおりに生まれてくるわけではない。それぞれがそれぞれに、それぞれにしか分からない苦しみを持っているわけで、それにどう向き合い進んでいくかは自分で責任を持ちたい」なんてことを思ってたりします。
あ、トラックバックもさせてくださいね☆
Posted by KEY at 2006年02月18日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13404827

この記事へのトラックバック

すがやあゆみさん
Excerpt: 先日、本屋をブラブラしてるときに すがやあゆみさんの「ナチュラル」と いう本に出会った。 彼女も障害を持っているのだが (先天性多発性関節拘縮症) 非常にパワーがあり、 共感できる部分..
Weblog: 旅人の木@BLOG
Tracked: 2006-02-18 21:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。