2006年03月16日

シゲキたっぷり

ケガ2日目。
救急搬送されたとき、2日後くらいに診せに行ってと言われ、
さっそく今日、主治医に診せたら、また衝撃的な発言が。

添え木としてあてられていたアルミの板から、
プラスチックのプロテクターみたいなのにはめなおして、
包帯でも巻くのかと思えば、
テープをくるくる巻いて…

立ってごらん。

はぁ!?
今なんて言いました!?
ちょ、ちょっと待って!

「看護師さん、スリッパ貸してあげて」と
マイペースにコトを運び、
さっさと履き替えさせられ、看護師さんにつかまって着地。
へっぴり腰と、バランスの取れないあゆ。
さらに…

2週間経ったら、歩く練習だからね。

思わず聞き返してしまったけど、
痛いと言って歩かないでいいのは2週間。
今からでもなにかの拍子には体重かけはじめて、
プロテクターつけた状態で立つ練習をしろと言う。
(お風呂は危険なので装着したまま入浴)
1週間過ぎたら、甘やかさないで立てと。

まずは歩くときに患部を床につけないで歩いているので、
(前回も作ったあゆままお手製の竹馬歩行道具)
それで歩くことを忘れないようにしつつ、
直立で立てる練習をはじめるのです。
が。
急に体重かけると、数センチかかとが浮いた状態で、
つま先で歩くあゆには非常にしんどいので、
つかまったり寄りかかったり分散させながら、
立たなくてはいけません。

「いったーーーーい!!」

と叫びながら、車いすの乗り降りや、
トイレからちょっと動くときに立ち、
だけどどうしても片足で立つクセができてしまい。
先生の「歩けなくなりたい?」と言う笑顔に、
負けてたまるかと叫んでおります。

3週間も歩かなかったら、
歩けなくなると、この間の夏にもいわれたあゆ。
今回は衝撃が怖いから、
プロテクター着用が必須のままに、立つ練習が始まる。

「先生、来週滋賀に行く予定があるんだけど…」

「車いすで行くでしょ、さすがに(^^)」
と見透かされた上、
「どこでも行ってもいいよ。温泉もいいし。
 歩きたきゃ歩いてもいいし。
 寒いだろうからとりあえずスリッパ履いたら?
 プロテクター60度以上の熱だけ与えないでね。」
これだけです。
あとは毎週診せにいくだけで。

えぇ!?
あゆ歩く練習って、ちょ〜怖いんだけどっ!
posted by あゆ姫 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ayumism×ayuming | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14935128

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。