2006年05月10日

誰の調査をしたいの?

にんていちょーさいん って人から電話があった。
きのうね。
仕事から帰ってお茶してたら、家電が珍しくなって、
ままもいたのでままに出てもらったの。

そしたら、そのまま話を始めたみたいで、
「ちょっと、ちょっと待ってください。本人いるんで。」
と、あゆに変わってくれた。
そもそも、家族の人かどうか確認しないで、
あゆがいなきゃ始まらない認定調査のアポを、
どうやってとるんだ?と、不思議で仕方ないんですが…。

ってか、そのまえに。

認定調査員が来る前に、調査項目を読みましょう!!
ってword文書って…ぉぃ…。
ほかにはこんなのもあるよ。

で、ですね。
そもそもいろいろ申請書を書いた中に、
認定調査の際に日常の介護者(家族など)同席のもと、
平日昼間に…とあったんですよ。
そもそも母子家庭&全員社会人の家に、
誰がいるっていうのですか?と思って、空欄で出したんですけど。
そもそも日常介護って、誰がしてるんだ??
朝はまま、夕方以降はシフトのヘルパーさん達、外ではHANAちゃん、
夜以降ときおり妹、普段は会社の同僚や上司…?
しぼれないってば。

そこへかかってきた電話が
「6月の平日昼間で空いてる時間を教えてください」だったので
いいましたよ、あゆは。
「仕事しているので、平日昼間は家にいません。
 6月は7月に仕事のピークを控えているので、
 時間などの確定の出せない月ですが、
 6月じゃなきゃダメなんですか?」
電話してきた時間にいるか聞かれたので、
それだって6月は分かりません。
いつ残業かわかんないもん。
仕事ってそういうもんでしょ?
それにしても、障害者の就労をうたってる法律での調査で、
平日昼間って、どう言うことでしょうね。(−−;

まっ、うちの仕事、いつピークが来るのか毎年決まっていないうえに、
今年は7月あたりらしいということしが、
上司から通知されてないあゆたち。
だから、予定も組めなくて、非常に困ってるんですけど…。

押し問答したあげく、もう一度担当ケースワーカーと相談して、
連絡が来ることになったけど。
いったい障害者の社会参加とかいって、なんなんだろ。

さてさてその認定調査に使われる項目のありかを、
うみぞぉちゃんに教えてもらった。
その中の項目でおもしろいのが、
「ひとりで外に出たがるか」とか「目的もなく動き回る」とか、
めっちゃ普段のあゆの行動なんだけど。(笑)
お金の管理ができる、おこずかい程度…とか、本気でヤバイ。
…と、楽観的に考えられるものもあれば、
「調理ができる」という項目に、献立を含めてしまう。
「○○が食べたい」というのとフライパンふるのが、
どっちも介助が必要かどうかということですよ。
すっごい偏ったメニュー作ってもいいのかね?っていうのもあるし、
食べたいと、実践が一緒って、それじゃ誰でもシェフやパティシエじゃん。

きっと調査の日はゴネること間違いナシ。(笑)
続報を待て。


障害者自立支援法の認定調査員とは?
 障害区分といって、日本の障害者という人を、
 ○と×で障害の程度を決め、7つの段階に分け、
 コンピューターが必要な介助を決める自立支援法。
 シートを埋めるために認定調査員という謎の人が、
 生活の拠点とやらにやってきて、話をするらしい。
posted by あゆ姫 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あゆちっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。