2004年08月04日

召集命令o退屈な時間の過ごし方は?

退屈な会議。
この時間も刻々と、このモノに関して、ン千万円の税金が使われる。
寄付金も使われる。
でもそれは“委託団体”と言う名目の、アヤシィ関係に流れていく。

いい加減に、あゆにはヤル気になれない。
あゆの意味ってなに?
結局ココには「障害を持つ人で仕事をする人がいます」
「女性も参加してます」「若い人もいます」と言う、言い逃れのためのお飾りでしょう?
お願いだから名前は出して欲しくない。

お茶も、交通費も、なにも出さずに、知恵だけ渡せって言われる。
なぜ?
勝手に「あなたはこのメンバーです」って書類送りつけてきて、
ボランティア状態でこの集まりに出て来いと言う。
しかも2年間も。
なんのメリットがあるだろう。
積極的にこの集まりに参加したいわけでもなければ、
意味も価値もを見出せずにいる。
情報システムのクセに、欲しい情報はひとつもないんだもん。

そう、作っているものにも、魅力を感じない。

それどころか、うさんくささえ漂っているんだから、使おうとは思えない。
集まりの意見でも、結局は団体と内輪で作られてるとしか思えず、
その関係者の意見しかカタチになっていないじゃないか。
「やります」と言うだけの、メモにも残ってないんじゃないかと、思う対応。

それでも当初、ちょっとくらいは意見を言ったほうがいいかしら?と、
一生懸命に話を聞いてた。
けれど違う。
こんな事したって何にもならないんだよね。
それから退屈なこの時間の過ごし方がテーマだ。

こんな風に召集されている中に、魅力を感じていない人がいる。
それは「若い人だから」と言う事で、聞かずにいていいのだろうか?
どんどん沸いてくる、その、「若い人」に、
ちょっとでも耳を傾けようと、取り入れようとしないなら、未来はないだろう。
そんなのに振り回さないで欲しい。
こっちは、生活していけるか・いけないかの、がけっぷちの毎日だから。

とはいえ「仕事で行っておいで」と言われたから、
こんな時間も過ごす事ができる。
個人的になんて、まっぴらですもの。
posted by あゆ姫 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ayumism×ayuming | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。