2005年09月11日

おもしろいなあ、センキョ

ご存知のとおり、期日前投票に行っているので、
今日はおうちでお仕事ですわ。

んで、夜は選挙。
わが社も、戦場のようになってること間違いなしですが、
同僚クンたちががんばってくれてると思います。
がんばれ〜♪
あゆはおうちで待機してますので、バグやコメント巡回してましゅ。
あまりにもヘンなの見つけたら、教えないとね。

にしても今回の選挙は、普段まったく政治の話がない場所で、
いろいろと聞けるのがおもしろい。
ネット上でもこのblogブームと一緒に、ホリエモンのがんばりもあって、
若年層の選挙エントリーが多くて、見ていておもしろい。
そりゃーね、テレビはツマンナイだろうよ。
笑いはないよ。
でもね、日本が大きく動いちゃうんだよね。

小泉さんっていうヒトが、いま日本の代表なのさ。
リーダーなんだ。
それは、遠回りにも、オトナの有権者と言われる人たちが、
決めているんだよ。
この人の意見に賛成です、このひとに任せたいですって気持ちをこめて、
投票をする。
だから、みんな、誰も関係ないことなんてないんだ。
日本のルールを作るのも、自分たちなんだよ。
このヒトに任せますって、言っているんだもの。

なのにね。
悲しいことに「分からない」と言って、逃げてしまう大人が多い。
「あんたたちなんかに任せられない」と言うのも、ひとつの意見だからね、
だから投票に行かないのではなくて、そういう人は、
その気持ちをこめて白紙で投票しようよ。
そう思うんだ。

最近、支持率といって、小泉さんに任せててもいいのか?と言う、
オトナたちの意見は、微妙な雰囲気になってきていた。
ちょっと強引なところもあるからね。
そこで、そんな強引にやるくらいなら、自分たちがリーダーになると、
そう言ってきた人たちがいて、
この選挙でリーダーが変わるんじゃないかと、言われていた。
ひとつのチャンスだと。
政権交代ってやつだね。
だけど、日常を過ごしている大人達は、実はそんなにリーダーを変えようと、
思っていなかったみたい。
「小泉さんでいいよ。でももうちょっと優しく進めていってよ。」っていう、
そんな感じが、この選挙の結論なんじゃないかと思う。

今までのリーダーたちが手をつけなかった拉致問題や、
郵政民営化という新しいこと、支援費制度というあゆたちに身近な制度改革…。
たくさんのことを、いい意味でも悪い意味でも、きっと力強く推し進めてきたひと。
強引なところもあるし、不安もいっぱいあるけれど、
でももうちょっと信じてみよう…そんな感じなんだろうね。

選挙ってなんだろう。
難しいことなんだけど、そう疑問を持つことがスタートだよね。
posted by あゆ姫 at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | ayumism×ayuming | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、お仕事お疲れ様です。
私も横浜市選管が階段だらけのところに投票所を変えたおかげで期日前投票でした。

無茶苦茶な結果でしたね。
小泉純一郎が地元神奈川11区でスカしてくれることを密かに楽しみにしていたのに(彼はほとんどスカに帰っていないらしい)。

これで、障害者自立支援法案(めんどくさいものを”国から自立”させる法案)は圧倒的多数で通過でしょうね。
障害者が起業するときに無担保低利子(保証人なし)で貸してくれる金融公庫でも作ってくれればありがたいんですが。(大衆にハゲタカ扱いされている外資系銀行でもいいですよ、別に)

郵政民営化も実は障害者問題とつながっていて、今は法定雇用率2.1%ですが民営化されたら企業だから1.8%に下がりますね。

ホリエモンは転職セミナーに行ったことありますが、障害者雇用する気はまるでなさそうでした。

ブルーリボンの会(北から救う会系)にも入っていますが、小泉純一郎は中途半端に救出して、横田めぐみさんその他は放置か、と評判が悪いです。

では。
Posted by にょろろん at 2005年09月12日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。